スポンサードリンク

韓流ドラマ『プロデューサー』のあらすじと見どころ


【あらすじ】

韓国国内で人気を博したラブコメディ作品として知られているのが『プロデューサー』です。

KBSという韓国のテレビ局を舞台としており、ある音楽番組を任されているのがイェジンです。

イェジンと幼馴染であるジュンモとのドタバタを描いたコメディ作品でもあります。

住む場所がないと困っていた彼女に対して、酔った勢いもあってかしばらくの間の同居を約束します。

幼馴染でありながら、二人の関係性は友達以上恋人未満と微妙なものです。しかし酔った勢いで約束した日、ジュンモはイェジンにキスをしていたのです。

キスがきっかけでイェジンの彼に対する評価が変化し、男として意識するようになるのです。

ところが、肝心のジュンモには当時の記憶がなく、距離は縮まらず微妙なままでテレビ局に入社します。

イェジンは、自分の隣に車を停めていた新人スンチャンと出会います。

さらに一流アイドルとして活躍するシンディがイェジンの番組に出演し、スンチャンを気になり出すのです。

両親を亡くしたシンディは事務所社長を母親のようにしたう反面、捻じ曲がった愛情表現に困っていたのでした。

テレビ局という忙しい業界を舞台に、複雑に絡み合う四人の中心人物の恋愛模様を描いたドラマです。


【見どころ】

『プロデューサー』というタイトルからも分かるように、テレビ業界が舞台です。

しかし業界の内部事情がメインではなく、一般的な常識とは離れた世界で繰り広げられるラブコメが面白いです。

舞台は作中オリジナルではなく、実在するテレビ局と放送される番組が登場します。

韓国のメディアやタレントが好きな人が楽しめるでしょうが、知らなくても一つのドラマとして視聴できます。

日本のテレビメディアと比較し、異なる部分や共通する部分を探してみるのも楽しみでしょう。

四人のメイン人物の恋愛模様はありそうでない関係性ながら、応援したくもなるしざまあみろと感じる部分もありました。

見どころは人物たちの恋愛模様ですが、通常の恋愛とは少しかけ離れた部分が見られます。

メインとなるのはイェジンとジュンモですが、キュンとするシーンもあればイライラとしてしまうシーンもあるでしょう。

たとえば、作中でジュンモはイェジンにキスをしますが、お酒に酔ったこともあり、しかもまだ恋人ではありませんでした。

男らしくキスをする姿に女性はキュンとするかもしれませんが、当の本人は記憶にないため、感情移入しながらもひどい奴だなと思ってしまいます。

二人の恋を応援しつつ、複雑な関係性を孕んだドタバタを味わいたい人におすすめです。
関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : プロデューサー

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ