スポンサードリンク

韓国語の「言葉をかける」-マルコンネダとマルプチダはどう違う?


今回は、「言葉をかける」を意味する単語の
「말을 건네다」(マルコンネダ)と「말을 붙이다」(マルプチダ)
を比較してみます。


まず、辞書でそれぞれの単語の意味を確認してみましょう。

■「(말을) 건네다」(マルコンネダ):他動詞

1 (声・言葉を)かける.
2 (金品・権利などを)渡す,手渡す.
3 渡す.


■「(말을) 붙이다」(マルプチダ):他動詞

1 張りつける,くっつける; そばに置く.
2 (条件・意見などを)つける,つけ足す; (利子を)つける.
3 (火を)つける,点火する.
4 (仲を)結びつける,仲介する,折り合いをつける.
5 (人をそばに)つける.
6 (習慣などを身に)つける.
7 (名前を)つける.
8 頼る,(身を)寄せる,世話になる.
9 (言葉を)かける.
10 (事をある状態に)付する,任せる.

~ほか

 ※小学館朝鮮語辞典より


「붙이다」(プチダ)はいろんな意味がある言葉で
ここで紹介した意味以外に「(お金を)賭ける」なんていう意味もあります。

「(말을) 건네다」(マルコンネダ)と同意語ということでは、
9番の意味がそれにあたりますね。


【解説】

この二つの単語で異なる点は、
言葉をかける側の人と言葉をかけられる側の人の関係性です。

言葉をかける側の人と言葉をかけられる側の人の関係が
対等な立場の場合に使われるのが「(말을) 건네다」です。

言葉をかけ合うこと自体に
意味の重点をおいているのが「(말을) 건네다」ですね。

それに対して、言葉をかける側の人よりも
言葉をかけられる側の人が何らかの主導権を握っている状況で
使われるのが「(말을) 붙이다」(マルプチダ)です。

例えば、

 言葉をかける側の人:社員
 言葉をかけられる側の人:社長

などですね。

「(말을) 건네다」のように、
単に相手に話をさせることが目的の場合もあるのですが、

相手から何かの情報を得たり好感をもってもらうことを
目的とする場合に使われるのが「(말을) 붙이다」です。


以下に例文を記載しておきます。


【どちらも使える例】

낯선 사람에게 말을 건네다/붙이다.
見知らぬ人に言葉をかける。


【「(말을) 붙이다」(マルプチダ)が適切な例】

사장님은 사원이 말을 못 붙일 만큼 화가 나 있었다.
社長は、社員が言葉をかけられないほど怒っていた。

関連記事

テーマ : 韓国語
ジャンル : 学校・教育

tag : 韓国語 言葉をかける

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ