スポンサードリンク

韓国語の「固い」-タンタナダとタクタッカダはどうちがう?


今回は、「固い」という意味の
「단단하다」(タンタナダ)と「딱딱하다」(タクタッカダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。

「단단하다」(タンタナダ):形容詞

1 とても堅固だ,丈夫だ,頑丈だ
2 強い,屈強だ,がっちりしている
3 (中身がぎっしり詰まって)固い,充実している,しっかりしている
4 (結びなどが)きつい,固い,厳しい
5 (心・信念・意志などが)堅固だ,強固だ,頼もしい


「딱딱하다」(タクタッカダ):形容詞

1 (物が)固い,こちこちだ
2 (言動・文章・雰囲気などが)かたい,ぎごちない,堅苦しい


 ※小学館朝鮮語辞典より



同じ「固い」という意味の単語ですが、
この二つの単語の場合、その「固さの度合い」に違いがあります。

「단단하다」の「固さ」は、
どんなに力を加えても、そう簡単には
形を変えることができないほどの「固さ」を意味しています。

それに対して「딱딱하다」の場合は、
見た目が固そうというニュアンスが強く、
手や何かの道具で力を加えたりすると
形が変わる程度の「固さ」を意味しています。

肩がこっているときの固さは
「딱딱하다」になりますね。



それでは、
例文を見てみましょう。


【「단단하다」が適切な例】

호두 껍질은 단단하니까 쉽게 깨지지 않다.
胡桃の殻は固いので、簡単に割れない。


【「딱딱하다」が適切な例】

어제 산 빵이 딱딱하게 됬다.
きのう買ったパンが固くなった。
関連記事

テーマ : 韓国語
ジャンル : 学校・教育

tag : 韓国語 固い

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ