スポンサードリンク

韓国語の「涼しい」-シウォナダとソヌラダはどうちがう?


今回は、「涼しい」という意味の
「시원하다」(シウォナダ)と「서늘하다」(ソヌラダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「시원하다」(シウォナダ):形容詞

1 涼しい,すがすがしい,さわやかだ,快い
2 (気分が)すっきりしている,せいせいしている
3 (言行が)はっきりしている,明快だ
4 (食べ物の味が)さっぱりしている


「서늘하다」(ソヌラダ):形容詞

1 ひんやりしている,涼しい
2 (不意に驚いたり恐れたりして)ひやりとする,ぞっとする
3 (雰囲気などが)冷え冷えとしている


 ※小学館朝鮮語辞典より


日本語の辞書で「涼しい」を調べてみると
最初に次の二つの意味が出てきます。

1 暑苦しくなくて気持がよい。ほどよく冷ややかである。
2 つめたい。また、寒い

同じ「涼しい」でも、
気持ちのよい涼しさと、肌寒く感じる涼しさ
がありますね。

この気持ちのよい涼しさにあたるのが「시원하다」で、
肌寒く感じる涼しさにあたるのが「서늘하다」になります。

人の気分などにも使えるのですが、
「시원하다」は気分がすっきりする、
「서늘하다」は気分がぞっとする
というように、

それぞれ肯定的なニュアンスと否定的なニュアンス
の違いがあります。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

오늘은 바람이 시원하다/서늘하다.
きょうは風が涼しい。


【「서늘하다」」が適切な例】

난방이 잘 안되서 방 안이 서늘하다.
暖房がよく効いていていので、部屋が涼しい。
関連記事

テーマ : 韓国語
ジャンル : 学校・教育

tag : 韓国語 涼しい

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ