スポンサードリンク

慣用句の「○○고 가다」と「○○아 가다」

慣用句の「○○고 가다」と「○○아 가다」は、
どちらも「○○」の動作が完了したことを意味するのですが、
異なるのはそのあとです。
「○○」の動作を完了したその状態をそのままキープして行くのか行かないのか、
が異なる点ですね。

「○○고 가다」の場合は、「動作を完了してから行く」という意味になり、
「○○아 가다」の場合は、「動作を完了した状態をキープしたまま行く」という意味になります。


例文をあげてみましょう。

「○○고 가다」の例
책을 읽고 가세요.本を読んでから行ってください。

「○○아 가다」の例
책을 읽어 가세요. 本を読んでいってください。


動作を完了した状態をキープできないときは「○○아 가다」という表現は使いません。

こちらはOKですが、
아침밥을 먹고 가세요.朝食を食べてから行ってください。

こちらはNGですね。
아침밥을 먹어 가세요.


以上、慣用句の「○○고 가다」と「○○아 가다」の異なる点について紹介しました。
関連記事

テーマ : 韓国語
ジャンル : 学校・教育

tag : 韓国語

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ