スポンサードリンク

韓国語の「立つ」-ソダとイロソダはどうちがう?


今回は、「立つ」という意味の
「서다」(ソダ)と「일어서다」(イロソダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「서다」(ソダ):自動詞

1 立つ
2 (建物が)建つ,建設される
3 (国などが)建つ
4 (動いているものが)止まる

……ほか


「일어서다」(イロソダ):自動詞

1 立つ,立ち上がる,起立する
2 立ち直る


 ※小学館朝鮮語辞典より



辞書の意味を見ていただくと分かると思いますが、
「서다」と比べて「일어서다」は使い方が限られていますね。

「서다」は上記の意味のほかに
「面子が立つ」とか「論理が立つ」、「計画が立つ」など
無形なものや抽象的なものに対しても使われますが、

「일어서다」は具体的な人や動物などの動き
に対して使われるというのが基本です。

逆に何かに抗議して「立ち上がる」という場合には、
「일어서다」は使えますが、「서다」は使いません。



それでは、
例文を見てみましょう。



【どちらも使える例】

앉아 있던 의자에서 서다/일어서다.
座っていた椅子から立つ。


【「서다」が適切な例】

나의 면목이 서다.
私の面目が立つ。


【「일어서다」が適切な例】

학생들이 학교에 항의하여 일어섰다.
学生たちが学校に抗議して立ち上がる。

関連記事

テーマ : 韓国語
ジャンル : 学校・教育

tag : 韓国語 立つ

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ