スポンサードリンク

韓国語の「たたく」-テリダとペダはどうちがう?


今回は、「たたく」という意味の
「때리다」(テリダ)と「패다」(ペダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「때리다」(テリダ):他動詞

1 (人・動物・物などを)打つ,殴る,たたく
2 (胸を)打つ
3 攻撃する,非難する,やっつける,責め立てる
4 言い当てる,打つ
5(俗) (買い手が)値を安くつける,値をたたく


「패다」(ペダ):他動詞

(ひどく)殴る,たたく


 ※小学館朝鮮語辞典より



「때리다」と「패다」の違いを比べてみると、
同じ「たたく」という意味でも、力の入れ具合とたたく主体に
違いがあります。

「때리다」が軽くたたくときにも、
力を入れてたたくときにも使えるのに対して、
「패다」は、それこそたたくものを真っ二つにする
という勢いで激しくたたくときに使います。

それで、「패다」には「(薪などを)割る」という意味もあるんですね。

それからたたく主体の違いですが、
「때리다」の場合は、あらゆるものがたたく主体になり得るのですが、
「패다」はたたく主体が人の場合にのみ使われます。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

사람을 몽둥이로 때리다/패다.
人を棒でたたく。


【「때리다」が適切な例】

빗줄기가 창문을 때린다.
雨脚が窓をたたく。


【「패다」が適切な例】

멍이 들도록 패다.
あざができるほどたたく。

関連記事

テーマ : 韓国語
ジャンル : 学校・教育

tag : 韓国語 たたく

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ