スポンサードリンク

韓国語の「掻く」-ククタとハルキダはどうちがう?


今回は、「掻く」という意味の
「긁다」(ククタ)と「할퀴다」(ハルキダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「긁다」(ククタ):他動詞

1 掻(か)く,(指先・つめなどを立てて)引っ掻く
2 こそげる,削り取る
3 (熊手(くまで)などで)寄せ集める,かき集める


「할퀴다」(ハルキダ):他動詞

ひっかく,かいて傷つける


 ※小学館朝鮮語辞典より


「긁다」の基本的な意味としては、
比較的するどく強い先端や刃をもつ物を使って、
他の物の表面を強くこするということです。

「할퀴다」の基本的な意味は、
主に動物が手足の爪で他の動物の皮膚に
多少深い傷を負わせるという意味になります。

この二つの言葉の相違点としては、
「긁다」が「ひっかく」という動作を何度も繰り返す
というニュアンスが含まれているのに対して、
「할퀴다」にはそういったニュアンスはないということですね。



それでは、
例文を見てみましょう。


【「긁다」が適切な例】

머리를 긁는 게 형의 버릇이다.
頭を掻くのが兄の癖だ。


【「할퀴다」が適切な例】

고양이가 발톱으로 얼굴을 할퀴다.
猫が足の爪で顔を引っ掻く。
関連記事

テーマ : 韓国語
ジャンル : 学校・教育

tag : 韓国語 掻く

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ