スポンサードリンク

韓国語の「崩す」-ホルダとムノトゥリダはどうちがう?


今回は、「崩す」という意味の
「헐다」(ホルダ)と「무너뜨리다」(ムノトゥリダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「헐다」(ホルダ):他動詞

1 (建物などを)壊す,崩す
2 封じ込めたり詰め込んでおいたものを崩す,封を切る
3 (お金を)くずす
4 人の欠点をあげてけなす


「무너뜨리다」(ムノトゥリダ):他動詞

1 (山や建物などを)崩す,倒す
2 (計画・組織などを)つぶす,駄目にする


 ※小学館朝鮮語辞典より



この二つの単語は、
建物など高さや幅のあるものに力を加えて
平らにしてしまうという意味の言葉です。

相違点としては二つあって、
一つは、意識的かどうかということと、
もう一つは人に対しても使えるかどうか
という点です。


どちらの単語も意識的に「崩す」ときに使われるのですが、
「무너뜨리다」の場合は、偶然に「崩して」しまったときにも使えます。

また、誰かの悪口を言ってその人を「けなす」
というときにも使えるは「헐다」のほうで、
「무너뜨리다」は人を「けなす」ときには使いません。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

낡은 집을 헐다/무너뜨리다.
古い家を崩す。


【「헐다」が適切な例】

나이 많은 사람을 함부로 헐지 말아야 한다.
年配の人をむやみにけなしてはいけない。


【「무너뜨리다」が適切な例】

장난을 하다가 담을 무너뜨렸다.
いたずらしていて壁を崩した。
関連記事

テーマ : 韓国語
ジャンル : 学校・教育

tag : 韓国語 崩す

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
Information
ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ