韓国語の発音ルール7-流音化 | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の発音ルール7-流音化


今回は流音化についてです。

流音化とは、
ㄴ(ニウン)のあとに
ㄹ(リウル)が来たときや、
ㄹのあとにㄴが来たときに、

そのどちらも
発音がㄹに変化する現象のことです。


 ケースⅠ:ㄴのあとにㄹが来る場合

신라:新羅 → 실라(シルラ)

日本人には、
韓国の新羅ホテルなんていうのが
有名かもしれませんね。

ちなみに、
ホテルの韓国語表記は「호텔」です。


 ケースⅡ:ㄹのあとにㄴが来る場合

설날:元旦 → 설랄(ソルラル)
뚫는다:穴をあける(둘는다) → 뚤른다(トゥルルンダ)

子音のリウルが続くと
舌が回りにくくなるかもしれませんが、

口の中を少し広げると
発音しやすくなりますよ。


Point
ㄴとㄹは、隣り合うと両方ともㄹになる。



関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 流音化
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。