韓国語の発音ルール2-連音化 | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の発音ルール2-連音化


パッチムのあとに母音(ㅇで始まる音)が来ると、
パッチムが「ㅇ」の位置に移って発音されます。

 ケースⅠ:パッチムが一つの場合

인간을:人間を 「인간(インガン)」+「을(ウル)」 → 인가늘(インガヌル)
원인:原因 「원(ウォン)」+「인(イン)」 → 워닌(ウォニン)

 ケースⅡ:パッチムが二つの場合

삶이:人生が 「삶(삼サム)」+「이(イ)」→ 사미ではなく살미(サルミ)に。

※「삶」の「ㄹㅁ」ように、異なる子音が並んだパッチムの場合は、
左の子音がパッチムとして残り、右の子音がㅇの位置に移って発音されます。


ここで一つ注意することがあります。

「パッチムの種類と発音」のページでは
27あるパッチムは発音別に7つのグループに分けることができる
と学びました。

通常はこの7つの音で発音すればよいのですが、
今回のように連音化される状況、つまり直後に母音(ㅇで始まる音)が来る場合は、
その文字本来の音で発音するようになるので気をつけてください。

 ケースⅠ:パッチムが一つの場合

앞에:前に 「앞(압アプ)」+「에(エ)」→ 아베ではなく、아페(アッペ)に。
꽃이:花が 「꽃(꼬ㄷコッ)」+「이(イ)」→ 꼬디ではなく、꼬치(コッチ)に。

 ケースⅡ:パッチムが二つの場合

있으면:あれば 「있(이ㄷイッ)」+「으면(ウミョン)」
             → 이드면ではなく、이쓰면(イッスミョン)に。

こういうところが
韓国語を学ぶ外国人が「韓国語は難しい」と感じる
理由の一つですね。

学習のコツとしては、
「耳で覚えること」だと思います。

韓国語学習の目的にもよりますが
このような発音のルールは、すべてを詳細に覚えるより
こういったルールがある程度におぼえておいて

あとは韓国人の韓国語をたくさん聞くようにすることが
韓国語上達の近道ですよ。



Point
パッチムは、母音(ㅇで始まる音)が続くとつなげて発音する。



関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 連音化
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。