韓国語の子音 | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の子音


韓国語の子音には、発音の仕方によって
平音、激音、濃音の三つのグループがあります。

平音が9つ、激音が5つ、濃音が5つで、
合計19の子音がありますよ。


まず9つの平音です。
すでに学んだように、
ハングルという文字は子音と母音の組み合わせで成り立っている文字なので、
子音だけでは文字になりません。

ここでは、
それぞれの子音に母音の「ㅏ」を組み合わせて
学ぶことにします。

「아」の「ㅇ」の部分に子音を入れて文字にする、
ということですね。

そのあとの激音や濃音でも同じです。



  【平音】

hangle5.jpg


  【激音】

hangle6.jpg


激音は、口の前に紙を垂らしたとき、そ
の紙が揺れるように激しく息を吐き出しながら発音します。



 【濃音】

hangle7.jpg


濃音を発音するときは激音と反対です。

口の前に垂らした紙が全く揺れないように発音します。
頭の上から音が抜けていくような感じで発音するのがコツですよ。


次は韓国語のパッチムについてです。
関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 子音
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。