「石の上にも三年」を韓国のことわざで言うと…… | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

「石の上にも三年」を韓国のことわざで言うと……

 <「石の上にも三年」の意味>


冷たい石でも、三年も座っていれば温かくなるということから
つらくても我慢していけば、いつか報われるという意味ですね。


このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。



現役韓国語翻訳家の  日本韓国ことわざ比較


 <韓国のことわざの読み方と意味>


デクッテソド サムニョニラ

竹の先にも  三年


「デ」は「竹」の意味で韓国固有の言葉です。

「竹」の漢字読みは「チュク」ですね。



日本も韓国も「三年」は同じです。w


でも


 「なんで韓国は石じゃなくて竹なんだ~」


と思いましたよね?


なんで竹なのかというと
竹の成長って早いじゃないですか。


それで小さな竹の子に座っていても
三年たてば大きな竹になって高いところに行く、
ということで竹なんだそうです。


上のほうにあがっていくというのが韓国らしいですね。w

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。