韓国語の「入れる」-タムタとノッタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「入れる」-タムタとノッタはどうちがう?


今回は、「入れる」という意味の
「담다」(タムタ)と「넣다」(ノッタ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。

「담다」(タムタ):他動詞

1 (器などに)入れる,盛る
2 (感情・表情などを)込める,含む
3 《입에 담다の形で》 口にする,言う
4 (文章や絵などに)表わす,収める


「넣다」(ノッタ):他動詞

1 (外から中へ物を)入れる
2 (お金を)預け入れる,預ける; 納付する,納める
3 (ある範囲に)加える,含める,入れる

……ほか

 ※小学館朝鮮語辞典より



「入れる」という意味に限定して言えば、
「넣다」がほぼすべてのケースで使えるのに対して、
「담다」はかなり限定されたケースで使われます。

「담다」は、入れる場所が器や容器のような物に限られ、
入れる方向も、上から下にという方向が一般的です。

また、入れるものが人や動物の身体部分である場合、
「담다」は使うことができないのですが、
「넣다」にはこのような制限はないんですね。


また、ニュアンスとしては、
「넣다」は入れるその過程に焦点をあてているのですが、
「담다」は、入れ終わったあとの状態に焦点をあてている言葉です。

なので、「담다」は、
入れたものがある一定の時間、
その状態をキープしていないといけないのですが、
「넣다」にはそのような制限はありません。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

병에 우유를 담다/넣다.
瓶に牛乳を入れる。


【「넣다」が適切な例】

손을 주머니에 넣다.
手をポケットに入れる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。