助詞の「까지」と「마저」と「조차」の使い方の違いとは? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

助詞の「까지」と「마저」と「조차」の使い方の違いとは?


助詞の「까지」(~まで)には、
主に時間や空間、数量の限度を表わす意味と、
動作や作用の及ぼす限度を表わす意味がありますが、

もう一つ、「それに加えて,その上にまた」という包含の意味もあります。

その場合、同じ助詞の「마저」と「조차」に置き換えることもできるのですが、
一つだけ制約がありますので紹介します。

それは、
否定的な意味を表わすときのみ「마저」と「조차」に置き換えることができる、
ということです。

「까지」にはそのような制約がなく、
肯定的な意味でも否定的な意味でも使うことができます。

それでは、例文をあげてみましょう。

 저 사람은 노래까지 못 불러.
 저 사람은 노래마저 못 불러.
 저 사람은 노래조차 못 불러. 
 あの人は歌まで下手だ。


それから、
否定的な意味の文章で「마저」と「조차」が使われた場合、
それは「까지」よりもその程度が極端だということを意味します。

上の例文で言えば、
「마저」と「조차」では、たんに下手というより、
あまりにも下手だ、というニュアンスがあるということですね。

以上、助詞の「까지」と「마저」と「조차」の使い方の違いについてでした。

関連記事

タグ/ 韓国語 助詞
コメント一覧

愚銀

勉強になるわ!

2015/06/02 Tue 09:12 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (196)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)
韓流ドラマの名言 (5)

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ