条件を表す語尾の「거든」と「면」の違い | 韓国語を勉強している人のためのブログ

U-NEXT

条件を表す語尾の「거든」と「면」の違い

【韓国語東大式IT単語トレーニング】
35日後に1200語、70日後に2098語の韓単語を覚える方法とは?

条件を表す語尾の「거든」と「면」には、
用い方に違いがあるのですが、一言でまとめると、

「거든」は「条件」のみを表し、
「면」は「条件」だけでなく「仮定」も表します。

「거든」は、仮定的な条件には用いないんですね。

同じ意味になる文章でも、
「거든」を使うか、「면」を使うかによって、
ニュアンスが違ってきます。

次の例文を見てください。

내가 회사 사장이 되거든 승진시켜 주겠다.
내가 회사 사장이 되 승진시켜 주겠다.

この例文は、どちらも
「私が会社の社長になったら、昇進させてあげよう」
という意味なのですが、

「거든」を使った例文のほうは、
私が会社の社長になる可能性が高い、あるいは次の社長になることがほぼ決まっている
というニュアンスになります。

それが、「면」を使った例文だと、
「もし私が会社の社長になったら」というかんじで、
「거든」よりも実現の可能性が低いということを表します。
関連記事

1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法】

タグ/ 韓国語 語尾
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

★韓国ドラマ

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (189)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ