主格助詞「가」は話し言葉で省略されることがある | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

主格助詞「가」は話し言葉で省略されることがある

私たち日本人の日常の会話でも、
「お母さん、私、このお菓子、食べてもいい?」
のように言うことがありますよね。

これは、「私がこのお菓子、食べてもいい?」の助詞「が」が省略されています。

韓国語でも同じように、
話し言葉では主格助詞「가」が省略されることがあります。

上記の例文を韓国語にすると、
「엄마, 나 이 과자 먹어도 돼요?」
となります。

これに主格助詞「가」がつくと、
「엄마, 내가 이 과자 먹어도 돼요?」
のようになって「나」が「내」に変化するのですが、

意味としては
「正に私こそが食べていいか」
というニュアンスになるんですね。

他の誰かではなく私が食べる、ということが強調されます。

この例文で言えば、
そこに兄弟がいて、その中で私が食べていいか
と母親に聞いていることになります。


まとめると、
主格助詞「가」がなければ、お菓子を食べていいかどうかを母親に聞いていることになり、
主格助詞「가」があれば、お菓子を食べていいだけど、誰が食べるのかを母親に聞いている、
ということになります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。