韓国語の「置く」-オンタとノッタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「置く」-オンタとノッタはどうちがう?


今回は、「置く」という意味の
「얹다」(オンタ)と「놓다」(ノッタ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「얹다」(オンタ):他動詞

1 (他のものの上に)置く,載せる
2 (ユンノリ윷놀이で)駒(こま)を重ねる
3 (一定の価格に)上乗せする


「놓다」(ノッタ):他動詞

1 (物をある位置に)置く
2 (持っている,握っている物を)放す,(手を)放す
3 (継続していた状態・動作などを)中止する,(道具を手から放して)動作をやめる,置く

……ほか


 ※小学館朝鮮語辞典より



「얹다」の基本的な意味は、
下にある物を何か他の物の上に置く
ということです。

それに対して「놓다」の基本的な意味は、
手にもっていた物をある場所に置くということです。

「얹다」は他の物の上に載せるというニュアンスが強く、
「놓다」はもっていた手を放すというニュアンスが強くなります。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

발을 책상에 얹다/놓다.
足を机に載せる。


【「얹다」が適切な例】

천 원에 백 원을 더 얹어 주다.
千ウォンに百ウォンを上乗せしてあげる。


【「놓다」が適切な例】

일손을 놓고 앉아 있다.
仕事の手を止めて座っている。
関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 韓国語 置く
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。