韓国語の「止まる」-チャダとモッタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「止まる」-チャダとモッタはどうちがう?


今回は、「止まる」という意味の
「자다」(チャダ)と「멎다」(モッタ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「자다」(チャダ):自動詞

1 寝る,眠る
2 (動いていた機械などが)動かなくなる,止まる
3 (激しかった風などが)収まる,止む,なぐ

多くの方は1の「寝る」という意味で覚えていると思いますが、
「멎다」の類語として2や3のように「止まる」という意味もあります。


「멎다」(モッタ):自動詞

1 (雨・雪などが)やむ
2 (動いていたものが)止まる


 ※小学館朝鮮語辞典より



「자다」の場合は、
ある対象の中で起きていた作用が、
それ自体内のある要因によって止まることを意味します。

それに対して「멎다」は、
空間的に移動していたものが
ある地点で止まった状態になることを意味します。

なので、下記の例文にあるように
「時計が止まる」というようなケースでは、
どちらの言葉も使うことができますが、

「자다」は時計内部の要因によって止まったということが強調され、
「멎다」は動いていた針が止まったこと自体が強調されることになります。

また、「자다」は、
外部の要因によって止まったときや
移動していたものが止まるような場合には
使われません。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

우리 집 시계가 자다/멎다.
私たちの家の時計が止まる。


【「멎다」が適切な例】

택시가 집 앞에 멎었다.
タクシーが家の前に止まった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。