韓国語の「ふさぐ」-タッタとマクタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「ふさぐ」-タッタとマクタはどうちがう?


今回は、「ふさぐ」という意味の
「닫다」(タッタ)と「막다」(マクタ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「닫다」(タッタ):他動詞

1 (戸・ふた・引き出しなどを)閉める,ふさぐ,閉ざす,閉じる
2 (集会・営業などを)やめる


「막다」(マクタ):他動詞

1 (すきま・穴などを)ふさぐ,(道などを)遮断する
2 防ぐ,食い止める
3 (話などを)さえぎる
4 (視界などを)さえぎる,仕切る


 ※小学館朝鮮語辞典より



「닫다」は、一定の空間をもつ構造物の通路をふさぎ
内と外が通じないようにするというのが基本的な意味で、
通路をふさぐように設計された門や蓋、栓のようなものに使います。

単純に空間と空間を遮断するという意味になりますね。

それに対して「막다」は、
「닫다」と同じケースでも使うことができますが、
バリケードをつくったり、石を積み上げたりするなど
もともとはふぐようになっていないケースに対しても
使うことができます。

その場合は、「防ぐ」という意味になります。



それでは、
例文を見てみましょう。


【「닫다」が適切な例】

냉장고의 문을 닫다.
冷蔵庫の扉を閉める。


【「막다」が適切な例】

냇물을 막아 농사를 짓는다.
川の水をとめて農作業をする。
関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。