韓国語の「差し込む」-パクタとコッタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

韓国語の「差し込む」-パクタとコッタはどうちがう?

【韓国語東大式IT単語トレーニング】
35日後に1200語、70日後に2098語の韓単語を覚える方法とは?


今回は、「差し込む」という意味の
「박다」(パクタ)と「꽂다」(コッタ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「박다」(パクタ):他動詞

1 (釘(くぎ)などを)打つ,打ち込む,差し込む
2 (餅(もち)・ギョーザなどに)中身(餡(あん))を入れる
3 (印刷物を)刷る,(写真を)撮る

……ほか


「꽂다」(コッタ):他動詞

1 差し込む,插す
2 刺す,突き刺す
3 植える

……ほか

 ※小学館朝鮮語辞典より



「박다」の基本的な意味とニュアンスから紹介します。

小さな物に直接、力を加えて、
大きな物の中に入っていくようにする
というのが基本的な意味で、

力を加えるということは
なかなか大きな物の中に入りずらい
というニュアンスが含まれています。

入りずらいわけですから、
いったん入れば、その位置から移動しないので
固定させるというニュアンスもあり、

そのため、「박다」は、
ゆるゆる空間に何かを入れる場合には使いません。


「꽂다」の基本的な意味は、
長さのある物の端の部分を他の物の中や空間に差し込む
ということです。

「박다」と異なるのは、
必ずしも力を必要とするわけではないことと、
差し込む物が細長い物であるということです。

そして、差し込んだあと、
必ずその一部分が外に出ていなければならない
というのが特徴になります。



それでは、
例文を見てみましょう。


【「박다」が適切な例】

사람의 마음에 못을 박다.
人の心に釘を差し込む。


【「꽂다」が適切な例】

교수님이 윗주머니에 만년필을 꽂었다.
教授が上ポケットに万年筆を差し込んだ。


関連記事

1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法】

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

韓国語東大式IT単語トレーニング

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (188)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ