韓国語の「話す」-マラダとイヤギハダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「話す」-マラダとイヤギハダはどうちがう?


今回は、「話す」という意味の
「말하다」(マラダ)と「이야기하다」(イヤギハダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「말하다」(マラダ):他動詞

1 (考え・心情などを)話す,語る,述べる
2 頼む
3 たしなめる
4 批評する,論ずる
5 (事実がある状況を)物語る,示す


「이야기하다」(イヤギハダ):他動詞、自動詞

1 話す,話し合う,語る
2 話して取り持つ

 ※小学館朝鮮語辞典より



この二つの単語は、
基本的な意味においてはほぼ同じですが、
話す内容によって使い分ける単語です。

「말하다」は、発話や短い発言に対しても使うことができますが、
「이야기하다」は使うことができません。

「이야기하다」の場合は、
少なくとも話す内容が一つの筋道のある節や文章になっている必要があります。
発話に対して談話がそれにあたります。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

가자가 그 동안의 사정을 말했다/이야기했다.
記者がこれまでの事情を話した。


【「말하다」が適切な例】

아버지가 아들에게 집에 가느냐고 말했다.
父が息子に家に行くのかと言った。


ちなみに、
「日本人は日本語を話す」などのように、
言語自体をさす場合には「말하다」を使います。

関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 韓国語 話す
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。