韓国語の「つける」-プッチダとテダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「つける」-プッチダとテダはどうちがう?


今回は、「つける」という意味の
「붙이다」(プッチダ)と「대다」(テダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。


「붙이다」(プッチダ):他動詞

1 張りつける,くっつける; そばに置く
2 (条件・意見などを)つける,つけ足す; (利子を)つける
3 (火を)つける,点火する
4 (仲を)結びつける,仲介する,折り合いをつける

……ほか


「대다」(テダ):他動詞

1 当てる,触れる,つける,手を出す,触る
2 比べる,比較する,対比する
3 連結する,つなぐ,連絡をつける

……ほか

 ※小学館朝鮮語辞典より



この二つの単語は、
二つのものをつなぐ、結びつけるという点は同じなのですが、
つなげ方とつなげたその結果が異なります。

まず「붙이다」の基本的な意味ですが、
二つのものを動かして近づけ、離れないようにすることです。
そして、くっつけた二つのものは簡単には切り離すことができません。

「대다」は、ある一方のものを動かして
もう一方のものと距離がなくなるようにすることです。
そして、距離をなくした二つのものは簡単に引き離すことができます。

まとめると、
くっつける二つのものを動かすのが「붙이다」、
どちらか一方を動かすのが「대다」、

くっつけた結果、簡単に離せないのが「붙이다」
簡単に離せるのが「대다」ということになります。


それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

상처에 약을 붙이다/대다.
傷に薬をつける。


【「붙이다」が適切な例】

편지 봉투에 우표를 붙이다.
郵便封筒に切ってをはる。


【「대다」が適切な例】

준비된 음식에 손을 대다.
用意された食事に手をつける。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。