韓国語の「照る」-ピッチダとチェダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「照る」-ピッチダとチェダはどうちがう?


今回は、「照る」という意味の
「비치다」(ピッチダ)と「쬐다」(チェダ)
を比較してみます。

 ※「쬐다」の発音を正確にカタカナ表記するのは難しく、
  とりあえず「チェダ」にしました。ご了承ください。w
  「チョェダ」を一度に発音するとより正確な発音になるかもしれません。

まず、辞書を確認してみましょう。

「비치다」(ピッチダ):自動詞

1 (光が)照る,射(さ)す
2 (光を受けて)姿・ようすなどが現われる,照らされる
3 (物の影が)映る,映ずる

……ほか


「쬐다」(チェダ):自動詞

照る,照りつける

 ※小学館朝鮮語辞典より



同じ「照る」という意味をもつこの二つの単語は、
光を問題にしているのか、熱を問題にしているのか
ということが、最も異なる点です。

「비치다」の場合は、
熱を伴っていようといまいと、
とにかく「光」がある物体や場所に当たっていればよく、

「쬐다」の場合は、
同じ光が当たっていても、
その光に「熱」が伴っていなければ
使うことができません。

体の一部や何かの物を火に当てて暖める場合などは
「쬐다」を他動詞として使われますね。


それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

낮에는 마당에 햇빛이 비치다/쬐다.
昼は庭に日が射す。


【「비치다」が適切な例】

달빛이 창문에 비치다.
月の光が窓に射す。


【「쬐다」が適切な例】

타는 듯한 여름 태양이 쬐다.
焼けつくような夏の太陽が照りつける。


【「쬐다」が他動詞として使われる例】

젖은 옷을 불에 쬐다.
ぬれた服を火に当てる。

関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 韓国語 照る
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。