韓国語の「あける」-トゥダとヨルダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「あける」-トゥダとヨルダはどうちがう?


今回は、「あける」という意味の
「뜨다」(トゥダ)と「열다」(ヨルダ)
を比較してみます。


まず、辞書を確認してみましょう。


「뜨다」(トゥダ):他動詞

1 (目を)開く,あける; 視力を取り戻す; 目覚める
2 (耳が)聞こえるようになる

 ※「뜨다」は、「ひらく」の他に10種類の異なる意味があります。


「열다」(ヨルダ):他動詞

1 (戸・窓などを)開ける
2 (事業・店などを)始める,開業する; 営業する
3 (会議・集まりなどを)開く,催す

……ほか

 ※小学館朝鮮語辞典より



辞書の意味を見ると分かりますが、
「뜨다」は、人や動物の「目」と「耳」に対してのみ使われる単語です。

朝起きて目覚めるというときにも使いますし、
初めて目が見えるようになるときや、初めて耳が聞こえるようになるときにも
使うことができます。

それに対して、
「열다」は、戸をあける、会議を開く、大会を開くなど
広範囲にわたって使われます。

人や動物の身体部分で「열다」が使われるのは
「口」に対してだけですね。

逆に、「뜨다」は「口」に対して使うことはできません。



それでは、
例文を見てみましょう。


【「뜨다」が適切な例】

아들이 눈을 떴다.
息子が目を覚ました。


【「열다」が適切な例】

회의에서 부장이 입을 열었다.
会議で部長が口を開いた。

집 주인이 문을 열었다.
家の主人が門をあけた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。