韓国語の「こうむる」-イプタとタンハダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「こうむる」-イプタとタンハダはどうちがう?


今回は、「こうむる」という意味の
「입다」(イプタ)と「당하다」(タンハダ)
を比較してみます。


まず、辞書を確認してみましょう。

「입다」(イプタ):他動詞

1 着る,身につける,まとう,履く
2 (負傷などを)負う,(損害・恩恵などを)こうむる,受ける


「당하다」(タンハダ):他動詞

1 打ち勝つ,匹敵する,かなう
2 (事故・苦難などに)遭う,(被害などを)こうむる

……ほか

 ※小学館朝鮮語辞典より


いずれも、上記の2が関連する意味にあたります。



この二つの単語で
大きくことなる点は次の二つです。


良いことをこうむる場合にも、
悪いことをこうむる場合にも使われるのが「입다」で、
悪いことをこうむる場合に使われるのが「당하다」
ということが一つ。

もう一つは、
心も含めて体全体にこうむる場合にも
部分的にこうむる場合にも使われるのが「입다」で、
部分的なこうむる場合には使われず、
体全体でこうむる場合に使われるのが「당하다」です。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

교통 사고를 입다/당하다.
交通事故にあう。


【「입다」が適切な例】

은혜를 입다.
恩恵をこうむる。(良いものをこうむる場合)

교통사고로 얼굴에 상처를 입다.
交通事故で顔に負傷をおう。(体の部分的な所に傷を負う場合)


【「당하다」が適切な例】

학교에서 정학 처분을 당했다.
学校で停学処分を受けた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。