韓国語の「正しい」-オルタとマッタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「正しい」-オルタとマッタはどうちがう?


今回は、「正しい」という意味の
「옳다」(オルタ)と「맞다」(マッタ)
を比較してみます。


まず、辞書を確認してみましょう。


「옳다」(オルタ):形容詞

1 (事実に合って)正しい; (道徳的に)正しい
2 道理にかなっている,もっともだ
3 きちんとしている


「맞다」(マッタ):自動詞

1 正しい
2 一致する
3 (程度・物事が)適合する,ふさわしい,(すき間なく)ぴったり合う

……ほか

「맞다」は他にも
「当たる」「迎える」
という意味もあります。


               ※小学館朝鮮語辞典より



まず「옳다」の基本的な意味は、
ある行動や言動、または出来事に正当性があること
を意味します。

ただし、その正当かどうかの判断基準は
必ずしも何かの規範や一般的に共通なものばかりではなく、
むしろ、個人的で主観的な判断によるものが多いですね。


一方、「맞다」の基本的な意味は、
ある物がある物に入れたり引っ掛けたりするのに適合している
という意味になります。

こちらは動詞として使われることが多いです。



それでは、
例文を見てみましょう。



【どちらも使える例】

이 시험문제에는 이 답이 옳다/맞다.
この試験問題には、この答えが正しい。


【「옳다」が適切な例】

아버지의 행동이 옳다.
父の行動は正しい。


【「맞다」が適切な例】

이 기계에는 이 부품이 맞는다.
この機械にはこの部品が合う

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。