韓国語の「やむ」-クチダとモッタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「やむ」-クチダとモッタはどうちがう?


今回は、「やむ」という意味の
「그치다」(クチダ)と「멎다」(モッタ)
を比較してみます。


まず、辞書を確認してみましょう。


「그치다」(クチダ):自動詞

やむ,終わる; (ある状態に)とどまる


「멎다」(モッタ):自動詞

1 (雨・雪などが)やむ
2 (動いていたものが)止まる


               ※小学館朝鮮語辞典より



まず、「그치다」の基本的な意味は、
継続していた現状自体がなくなることです。

例えば、自然現象や音に関連する現象に対して使われます。

ただし、
人の行動や動いている物が止まることに対しては
使われません。


逆に人の行動にも、物の動きにも、自然の現象にも
使われるのが「멎다」ですね。

同じ「やむ・とまる」にしても、
「그치다」が完全にとまってしまうというニュアンスに対して
「멎다」のほうは、「暫定的」にやむ、とまるというニュアンスが
強くなります。



それでは、
例文を見てみましょう。



【どちらも使える例】

바람이 그쳤다/멎었다.
風がやんだ。


【「멎다」が適切な例】

잘 가동하던 기계가 멎었다.
よく稼動していた機械がとまった。

関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 韓国語 やむ
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。