韓国語の「叫ぶ」-プルチッタとウェチダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

韓国語光速インストール学習法

韓国語の「叫ぶ」-プルチッタとウェチダはどうちがう?


今回は、「叫ぶ」という意味の
「부르짖다」(プルチッタ)と「외치다」(ウェチダ)
を比較してみます。


まず、辞書を確認してみましょう。


「부르짖다」(プルチッタ):自動詞

1 叫ぶ,大声をあげる
2 主張する,唱える
3 訴える


「외치다」(ウェチダ):自動詞・他動詞

叫ぶ,わめく,声を張り上げる


               ※小学館朝鮮語辞典より



同じ叫ぶという意味の単語ですが、
最も使い方が異なる点は、

人の言葉ではない叫び声、
例えば「わあ!」とか「きゃあ!」などに
使えるか、使えないかという点です。

このような叫び声にも使えるのが「부르짖다」で、
使えないのが「외치다」です。


このことから、
「부르짖다」のほうが「외치다」よりも
叫び声の主の状況が切迫しているという意味を含んでいます。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

시민들이 죄수의 석방을 브르짖다/외치다.
市民たちが罪人の釈放を叫ぶ。


【「외치다」が適切な例】

야채가게 아저씨가 야채가 싸다고 외쳐 있다.
八百屋のおじさんが野菜が安いと叫んでいる。


関連記事

元サムスン技術通訳の韓国語光速インストール学習法

タグ/ 韓国語 叫ぶ
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

韓国語光速インストール学習法

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (196)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)
韓流ドラマの名言 (5)

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ