韓国語の「願う」-パラダとウォナダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

韓国語光速インストール学習法

韓国語の「願う」-パラダとウォナダはどうちがう?


今回は、「願う」という意味の
「바라다」(パラダ)と「원하다」(ウォナダ)
を比較してみます。


まず、辞書を確認してみましょう。


「바라다」(パラダ):他動詞

願う,期待する,望む,請う,欲しい


「원하다」(ウォナダ):他動詞

願う,望む.期待する,(…したいと)思う


               ※小学館朝鮮語辞典より



「바라다」は、
「원하다」と比べて「願う」程度が弱く、
他の人や周辺の状況によって自分の願うようになればいいな、
というニュアンスが含まれています。

それに対して「원하다」は、
「바라다」よりも「願う」程度が強く、
切望するに違いですね。

また、他者の助けや周辺の状況によって
願うとおりになってほしいというニュアンスはありません。



それでは、
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

아버지가 우리 집으로 돌아오기를 바란다/원한다.
父が我が家に帰ってくることを願う。


【「원하다」が適切な例】

그는 그녀와 교제하는 것을 원한다.
彼は彼女と交際することを願う。

関連記事

元サムスン技術通訳の韓国語光速インストール学習法

タグ/ 韓国語 願う
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

韓国語光速インストール学習法

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (196)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)
韓流ドラマの名言 (5)

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ