韓国語の「恐ろしい」-ムソプタとトゥリョプタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「恐ろしい」-ムソプタとトゥリョプタはどうちがう?


今回は、「恐ろしい」という意味の
「무섭다」(ムソプタ)と「두렵다」(トゥリョプタ)
を比較してみます。


まず、辞書を確認してみましょう。


「무섭다」(ムソプタ):形容詞

1 怖い
2 程度がはなはだしい,ひどい,すごい
3 心配だ,不安だ


「두렵다」(トゥリョプタ):形容詞

1 恐ろしい,怖い; 心配だ,不安だ,気がかりだ
2 恐れ多い,敬いおそれている


               ※小学館朝鮮語辞典より


この二つの単語の使い分けで
大きく異なるところが二つあります。

まず一つ目です。

「무섭다」は、
自分の心理状態とは関係なく、
対象になるもの自体の性質が影響して恐怖心を抱かせる
というのが基本的な意味になります。

これに対して「두렵다」は、
対象の性質うんぬんよりも、
恐怖心を感じている人の心理状態に焦点を置く言葉です。


もう一つの違いもこれと関連するのですが、
予想できるものに対して恐怖心を感じる場合が「무섭다」で、
予想できないものに対して恐怖心を感ずる場合が「두렵다」になります。


ちょっと理解しづらいかもしれないので
例文を見てみましょう。



【「무섭다」が適切な例】

우리 형은 화를 내면 무적 무서워요.
私の兄は、怒るととても怖い。


【「두렵다」が適切な例】

저 사람의 보복이 두렵다.
あの人の報復が怖い。


このほかに、
「무섭다」は「ものすごく」という意味で使われることがありますが、
「두렵다」はそのような程度を表す言葉としては使われませんね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。