韓国語の「黄色い」-ノラッタとヌロッタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「黄色い」-ノラッタとヌロッタはどうちがう?


今回は、「黄色い」という意味の単語、
「노랗다」(ノラッタ)と「누렇다」(ヌロッタ)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。


「노랗다」(ノラッタ):形容詞

1 黄色い,鮮やかな黄色だ
2(俗) しおれている; 再起の可能性がない


「누렇다」(ヌロッタ):形容詞

(やや濃いめに)黄色い,黄金色だ.


               ※小学館朝鮮語辞典より


いわゆる日本語の「黄色」にあたるのは「노랗다」で、
鮮明な黄色のことです。

一方で、「누렇다」(ヌロッタ)は、
語感のニュアンスがクンマル(큰 말)で、
黄色というより、薄褐色に近い色のことです。

例えば、黄金の色や秋に穂を垂れている稲
なんかが「누렇다」の色ですね。




例文を見てみましょう。


【「노랗다」が適切な例】

호박꽃이 노랗게 피어 있다.
カボチャの花が黄色く咲いている。


【「누렇다」が適切な例】

이를 닦지 않는 사람은 이가 누렇다.
歯を磨かない人は歯が黄色い。


ちなみに、
チャグンマル(작은 말)とクンマル(큰 말)について
簡単に説明しておきます。


これは、意味はまったく同じなのですが、
陽母音を使うか、陰母音を使うかの違いによって、
語感が大きく異なる言葉のことです。

陽母音(ㅏ,ㅗ)を使うのがチャグンマル(작은 말)、
陰母音(ㅓ,ㅜ)を使うのがクンマル(큰 말)ですね。

一般的には、
チャグンマルが「小さい」「少ない」「弱い」「薄い」「明るい」「美しい」、
クンマルが「大きい」「多い」「強い」「厚い」「暗い」「醜い」
というニュアンスがあります。


今回紹介した「노랗다」と「누렇다」のように
使っている母音によって、だいたいのニュアンスの違いがわかるので
覚えておいて損はないと思いますよ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。