韓国語の「起こる」-センギダとイロナダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「起こる」-センギダとイロナダはどうちがう?


今回は、「起こる」という意味の単語、
「생기다」(センギダ)と「일어나다」(イロナダ)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。


「생기다」(センギダ):自動詞

1 できる,生じる
2 手に入る,できる
3 起こる,生じる,起きる,生まれる

……ほか


「일어나다」(イロナダ):自動詞

1 起きる,起き上がる,起床する; 立ち上がる,立つ
2 生じる,発生する,起こる
3 (火・電気などが)起こる

……ほか

               ※小学館朝鮮語辞典より


「생기다」は、
以前には存在しなかったものが存在するようになる
というのが基本的な意味です。

それに対して「일어나다」は、
すでに存在しているものが何かの動きをすることで
それが表に出てくるというのが基本的な意味になります。



例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】 

큰 사건이 생겼다/일어났다.
大きな事件が起きた。

※この場合は、何もないところから事件が起きたととらえることもでき、
静かな町に事件が起きたととらえることもできるので、どちらも使える例になります。


【「생기다」が適切な例】

어디서 돈이 생기다.
どこかからお金が生じる。


【「일어나다」が適切な例】

저 사람은 지금 일어났다.
あの人は今起きた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。