韓国語の「叱る」-クチッタとナムラダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「叱る」-クチッタとナムラダはどうちがう?


今回は、「叱る」という意味の単語、
「꾸짖다」(クチッタ)と「나무라다」(ナムラダ)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。


「꾸짖다」(クチッタ):他動詞

叱る,とがめる,戒める


「나무라다」(ナムラダ):他動詞

1 たしなめる,叱る,責める,とがめる
2 けなす,あらをさがす



               ※小学館朝鮮語辞典より


「꾸짖다」は、
目上の人が目下の人の態度や行動、または行いが正しくないとき、
それに対して厳しい言葉できつく訓戒することを意味します。

欠点をあげつらうとか、悪口を言うような意味は含まれていません。


「나무라다」は、
目上の人が目下の人の軽い過失や欠点に対して
「꾸짖다」よりは軽く叱るという意味になります。



例文を見てみましょう。


【「나무라다」が適切な例】 

이렇게 산다고 나무라지 마세요.
このように生きているからといってとがめないでください。


韓国にはこのような諺があります。

「겨 묻은 개가 똥 묻은 개를 나무란다」

意味を直訳すると、
「糠(ぬか)のついた犬が糞のついた犬をとがめる」
という訳になるのですが、

これ、日本の諺でいうと、何でしょう?




そうです、「目糞が鼻糞を笑う」です。

自分の欠点に気づかずに、相手の欠点をあざ笑う
という意味ですが、


「相手をあざ笑う」という意味があるときには
「나무라다」を使うんですね。

逆に、こういうときは
「꾸짖다」は使いません。
関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 韓国語 叱る
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。