韓国語の「過ぎる」-チナダとノムタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「過ぎる」-チナダとノムタはどうちがう?


今回は、「過ぎる」という意味の単語、
「지나다」(チナダ)と「넘다」(ノムタ)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。


「지나다」(チナダ):自動詞・他動詞

1 (時間的に)過ぎる,経過する
2 (仕事や事態に注意を払わずに)やり過ごす


「넘다」(ノムタ):自動詞

1 (一定の範囲・数量・程度を)超える,(水が)あふれる
2 (日時・年月などが)過ぎる
3 (刃物などを)研ぎすぎて刃が一方に傾く


               ※小学館朝鮮語辞典より

「넘다」は、他動詞の「(峠を)越える」のほうが
一般的に知られているかもしれませんね。

「지나다」と類語ということでは、
上記の自動詞の2の意味がそれに相当します。




「지나다」は、
動いているものが空間上の一点を通って移動していく、
というのが基本的な意味になります。

「넘다」の場合は、
動いているものが高さのある物体の上を通って移動していく、
というのが基本的な意味です。

この二つの言葉に使い分けとしては、
「지나다」が常に変化しているものが対象になるのに対して、
「넘다」は変化していないものでも対象になることです。



例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

파도가 위험 수위를 지나다/넘다.
波が危険水位を過ぎる。


【「지나다」が適切な例】 

사람들이 우리 집 앞을 지나다.
人々が我が家の前を通り過ぎる。


【「넘다」が適切な例】 

폭이 3미터를 넘다.
幅が3メートルを越える。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。