冬至に小豆粥を食べる文化 | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

冬至に小豆粥を食べる文化


12月22日は冬至ですね。


冬至というのは、
一年の中で最も昼が短く、最も夜が長い日です。


冬至の日から再び昼(陽)が長くなり始めることから、
中国の「易経」では、太陽の始まりを冬至とみなし、
周の時代には冬至の日が正月だったみたいですよ。



日本では「冬至粥」と言って、
冬至の日に小豆粥やかぼちゃを食べたりする
風習がありますが、


韓国にも、
冬至の日に小豆粥を食べる風習があるんです。


一年の始まりを意味する冬至の日に、
邪気を払うという「赤」い小豆粥を食べて
新しい年の運気を呼び込む
ということらしいですね。


韓国では、
家の門の前に小豆粥を置いたりも
するようです。



また、韓国には、


「冬至に小豆粥を食べれば、一年の厄払いができる」


ということわざもありますよ。

関連記事
スポンサーサイト

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。