韓国語の「ほとんど」-コイ(コウィ)とデブプンはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「ほとんど」-コイ(コウィ)とデブプンはどうちがう?


今回は、「ほとんど」という意味の単語、
「거의」(コイ)と「대부분」(デブプン)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。


「거의」(コイ):名詞

ほとんど,ほぼ,おおよそ,だいたい


「대부분」(デブプン):名詞

1 大部分,ほとんど.
2 《副詞的に用いられて》 ほとんど,たいてい,おおかた


               ※小学館朝鮮語辞典より

「거의」も、「대부분」と同じように
副詞的に使われることがありますね。



「거의」は、
空間的な範囲や時間的な範囲、過程や程度、数や量が
問題になる対象や出来事において、

全体に占める比重や完成度が
全体や終わりにごく近いことを意味します。

全体や終わりが想定しづらいことに対しては
あまり使われません。


「대부분」の場合は、あることにおいて、
全体の70から80パーセント以上を占めていることを意味します。

基本的には空間的な対象に使われ、
時間的に生じたりなくなったりすることには使われません。



例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

학교 운동장은 거의/대부분 눈으로 덮여 있다.
学校の運動場は、ほとんど雪で覆われている。

 ※空間的な範囲のことなので、どちらも使えます。


【「거의」が適切な例】 

전기밥솥에는 밥이 거의 없다.
電気がまには、ご飯がほとんどない。

 ※時間的経過によって増えたり減ったりするので、「대부분」は使われません。


【「대부분」が適切な例】 

대부분의 학생들이 하교했다.
ほとんどの学生たちが下校した。

 ※全体の学生数が想定できないので、「거의」は使われません。


きょうのテーマは
少し分かりづらいかもしれませんね。

こちらの「類語」のカテゴリは、
厳密に理解しなくてもよいので、
だいたいのイメージやニュアンスを
つかんでおけばよいと思いますよ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。