韓国語の「助ける」-トプタとコドゥルダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「助ける」-トプタとコドゥルダはどうちがう?


今回は、「助ける」という意味の単語、
「돕다」(トプタ)と「거들다」(コドゥルダ)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。

文字色
「돕다」(トプタ):他動詞

1 手伝う,助力する,手助けする,扶助する
2 助ける,救済する,救援する,援助する
3 促進する,助長する


「거들다」(コドゥルダ):他動詞

1 (人の仕事を)手伝う,手助けする,助ける
2 (横から)口を挟む


               ※小学館朝鮮語辞典より



「돕다」という言葉は、
何かをしている人や困っている人に対して、
物理的、精神的、また物質的に負担を
少なくしてあげることを意味します。

助ける人と助けてもらう人の間には、
身分や年齢の制限がありません。



「거들다」は、
ある人の対話に直接参与して
その人に有利なように口添えしたり、

ある人がしていることを
物理的に助けてあげたりすることを意味します。

物質的に手助けしたり、精神的に助けたりすることには
使われないところが「돕다」とは異なります。

また、助ける人と助けられる人の身分や年齢も、
ごく近い立場でなければならないという制限があります。



例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

친구가 이삿짐을 나르는 것을 돕다/거들다.
友達が引越しの荷物を運ぶのを手伝う。


【「돕다」が適切な例】 

가난한 사람을 경제적으로 돕는다.
貧しい人を経済的に助ける。


【「거들다」が適切な例】 

나의 이야기를 친구가 한 마디 거들었다.
私の話に友達が一言口添えした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。