韓国語の「支払う」-チルダとカプタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

U-NEXT

韓国語の「支払う」-チルダとカプタはどうちがう?

【韓国語東大式IT単語トレーニング】
35日後に1200語、70日後に2098語の韓単語を覚える方法とは?


今回は、「支払う」という意味の単語、
「치르다」(チルダ)と「갚다」(カプタ)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。


「치르다」(チルダ):他動詞

1 (借金や代金を)支払う
2 経験する; 執り行なう
3 (食事を)すませる

「갚다」と類語ということでは、
1の意味がそれに相当します。


「갚다」(カプタ):他動詞

1 (借りていた米・金などを)返す,返済する,償う
2 (恩に)報いる,(恩を)返す
3 (恨みを)晴らす,(仇(あだ)に)報いる


               ※小学館朝鮮語辞典より



「치르다」の意味は、
「갚다」と関連するということでは、
他の人に何かをしてもらったり、買ってもらったりしたことに対して、
それに相当するお金を支払う行為のことをいいます。

何をしてもらったことに対して自分の行動で報いる、
ということには使われません。


一方、「갚다」は、
人からもらった物やしてもらったことに対して、
少し時間が経過したのちに、受けたものに相当する
代価を返したり、行動で報いたりするというのが基本的な意味です。

物をもらってその場でお金を払うことには使われません。


例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

외상값을 치르다/갚다.
掛け金を支払う。


【「치르다」が適切な例】 

사과를 사고 그 값을 치르다.
りんごを買って、その代価を支払う。


【「갚다」が適切な例】 

은혜를 갚다.
恩恵に報いる。

関連記事

1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法】

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

★韓国ドラマ

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (189)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ