韓国語の「洗う」-カムダとシッタはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

韓国語光速インストール学習法

韓国語の「洗う」-カムダとシッタはどうちがう?



今回は、「洗う」という意味の単語、
「감다」(カムダ)と「씻다」(シッタ)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。


「감다」(カムダ):他動詞

1 (髪を)洗う.
2 (川などで)水浴びをする.


「씻다」(シッタ):他動詞

1 洗う.
2 ふく,ぬぐう.
3 (汚名を)そそぐ.

……ほか

「감다」と類語ということでは
1の意味がそれにあたります。

               ※小学館朝鮮語辞典より



「감다」の基本的な意味は、
人の髪の毛や体全体を水の中に入れてきれいにする
ということです。

髪の毛以外の部分をきれいにすることには
使われません。


一方、「씻다」は、
髪の毛や体全体をきれいにすることには使われず、
人が水を使って何かの物の表面をきれいにする
というのが基本的な意味になります。

人体の髪の毛以外の部分をきれいにするときにも
使うことができますよ。


例文を見てみましょう。



【「감다」が適切な例】 

냇물에서 미역을 감다.
冷水で水浴びをする。


【「씻다」が適切な例】 

아침에 일어나자마자 얼굴을 씻다.
朝起きるやいなや顏を洗う。

関連記事

元サムスン技術通訳の韓国語光速インストール学習法

タグ/ 韓国語 洗う
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

韓国語光速インストール学習法

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (196)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)
韓流ドラマの名言 (5)

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ