韓国語の「身につける」-チニダとカヂダはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「身につける」-チニダとカヂダはどうちがう?


今回は、「身につける」という意味の単語、
「지니다」(チニダ)と「가지다」(カヂダ)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。


「지니다」(チニダ):他動詞

1 身につける,持つ。
2 (人格などを)備える。
3 (原形を)保つ。
4 (あることを忘れずに)覚えている。


「가지다」(カヂダ):他動詞

1 持つ。
(1) 手で持つ。手にとる。
(2) 身につける,所持する,携帯する。
(3) 心に抱く。
(4) 自分のものにする,所有する,有する。
(5) 《가진の形で》 豊かな,持てる,富める。
(6) (関係・関連を)結ぶ,保つ。

……他

               ※小学館朝鮮語辞典より





「지니다」の基本的な意味は、
人が何かの物を、服の内側や懐のように、
体の近くでもつことです。

人の性格や癖、記憶、責任、名誉のような
比較的長い間もつことになるものにも使うことができます。

逆に使えないのは次のようなケースです。

 ・自分の物にするという「所有」の意味では使われない
 ・人がもともともっている体の器官に対しては使われない
 ・手でもつことに対しては使われない
 ・服の外側につけることに対しては使われない


「가지다」の基本的な意味は、
何かの物を自分の領域におくということです。

この自分の領域というのは、
所有領域から何かに責任をもったり、保護し管理する領域まで含みます。

必ずしも人が主語でなくてもよく、
一時的に自分の領域に存在するものに対しても
使うことができます。

「지니다」と比べると
かなり広い範囲で使うことができますね。


例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】 

범인은 총을 지녔다/가졌다.
犯人は銃を所持している。


【「가지다」が適切な例】 

여자가 아이를 가졌다.
女性が子供をもった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。