韓国語の「中間」-カウンデとチュンガンはどうちがう? | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

韓国語の「中間」-カウンデとチュンガンはどうちがう?


今回は、「中間」という意味の単語、
「가운데」(カウンデ)と「중간」(チュンガン)
を比較してみます。


まず、それぞれの言葉の意味を辞書で確認してみます。

「가운데」(カウンデ):名詞

1 一定の境界内の中央部,中心部,真ん中
2 一定の境界の内部
3 中間,二つのものの間,中央
4 集合体の範囲内,中
5 事態・事柄・状態の内部.
6 《動詞の語幹+-? ???の形で》 …しているうちに,…しながら
7 《接頭辞的に用いられて》 順序・上下・前後・左右・高低の真ん中

「중간」の類語という意味では、
3の意味がそれにあたります。


「중간」(チュンガン):名詞

1 (二つのものの)間,中間.
2 (一つのものの)真ん中,中ほど.
3 (初めと終わりの)途中,間.
4 (程度・性質などが)両極端の間にあるもの.


               ※小学館朝鮮語辞典より



「가운데」は、
線や面、立体の中央の位置を意味するものです。
一定の範囲や仕事の途中などの意味にも使われます。


それに対して、「중간」の基本的な意味は、
長さをもつ物体、または順序や段階をもつ対象において
その両側、もしくは最初と最後から等距離にある位置のことです。

「가운데」とどう違うのかというと、
「가운데」が線、面、立体のものに使われるの対して、
「중간」は線に対してのみ使われます。

そして、仕事などにおいては、
「가운데」は仕事が進行中であることを意味するのですが、
「중간」は仕事が一時中断している時のことを意味します。

広さのない線のようなものや、
何かをしている途中を意味する言葉としては使われません。


ちょっとわかりづらいので
例文を見てみましょう。


【どちらも使える例】

줄을 가운데에서/중간에서 끊었다.
ひもを中間で切る。


【「가운데」が適切な例】 

강연을 하는 가운데 배운다.
講演をするなかで学ぶ。


【「중간」が適切な例】 

2학기 중간에 시험을 본다.
2学期の中間でテストを受ける。

関連記事
スポンサーサイト

タグ/ 韓国語 中間
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。