「くさっても鯛(たい)」を韓国のことわざで言うと…… | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

「くさっても鯛(たい)」を韓国のことわざで言うと……


 <「くさっても鯛(たい)」の意味>

 

優れた価値のあるものは、
いたんでだめになったようでも、
やはりそれだけの価値があるというたとえですね。


これと似たことわざで、
「ちぎれても錦」
というのもあります。

 


このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


64腐っても鯛.JPG


 <韓国のことわざの読み方と意味>

 

ムロド  チュンチ ソゴド  センチ
痛んでも ヒラ   腐っても キジの生もの

 


日本のことわざでは「鯛」ですが、
韓国のことわざでは「ヒラ」なんですね。


「ヒラ」はニシン科の魚で、
韓国の人たちは美味なものとして珍重しているそうです。

 

韓国には、このほかに、
日本の「ちぎれても錦」に似た表現のことわざで、


「つぎはぎだらけでも絹の雑巾」


ということわざがあります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。