「木を見て森を見ず」を韓国のことわざで言うと…… | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

「木を見て森を見ず」を韓国のことわざで言うと……


 <「木を見て森を見ず」の意味>


細部に気をとられて全体を見ることを忘れてしまう
という意味ですね。


ごろがいいのでよく引用されることわざです。



このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。



現役韓国語翻訳家の  日本韓国ことわざ比較


 <韓国のことわざの読み方と意味>


サラム チュンヌンチュル モルゴ
人の  死するを     見ずに


パッチュク センガンマン ハンダ
あずき粥の 心配ばかりを する



韓国のことわざには
「粥」とか「あずき粥」がよく出てきますよ。


なぜ「あずき粥」なのかというと、


「粥」というのは、体の調子がよくないときに食べるものですよね。


ですから、
韓国語のことわざでは、


死ぬことのほうが大変なことなのに
一時の体調不良のほうばかりを心配している
という意味になります。


日本のことわざとの比較でおもしろいのは
日本のことわざは「空間」の広さ狭さで表現しているのに対して


韓国のことわざは「程度」の重さ軽さで表現している点ですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。