「壁に耳あり、障子に目あり」を韓国のことわざで言うと…… | 韓国語を勉強している人のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

「壁に耳あり、障子に目あり」を韓国のことわざで言うと……

 

 <「壁に耳あり、障子に目あり」の意味>


どこで誰に聞かれているか分からないという意味ですね。
話し始めると、つい余計なことを言ってしまいやすいですが、
それをいましめる意味もあるようです。

 


このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


52-1.JPG


 <韓国のことわざの読み方と意味>


ナンマルン セガ トゥッコ
昼の声は  鳥が 聞き


パムマルン チュイガ トゥンヌンダ
夜の声は  ねずみが 聞く。

 


韓国のことわざには「鳥」と「ねずみ」が出てきますが、


私見としては、
日本のことわざには自然現象や物が多く、
韓国のことわざには動物が多く出てくるようなきがしますね。


韓国のことわざでよく出てくるのが「虎」とか「犬」です。


今回紹介したことわざと似た意味のことわざでこういうのもありますよ。

52-2.JPG

「虎は自分の事を聞けばやってくる、人も自分の事を聞くとやってくる」

関連記事
スポンサーサイト

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (184)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)

検索フォーム

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ




livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。