韓国語のことわざ | 韓国語を勉強している人のためのブログ

U-NEXT

韓国語の「編む」-チャダとヨクタはどうちがう?


今回は、「編む」という意味の
「짜다」(チャダ)と「엮다」(ヨクタ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。

記事の続きを読む ≫

タグ/ 韓国語 編む

韓国語の「話す」-マラダとイヤギハダはどうちがう?


今回は、「話す」という意味の
「말하다」(マラダ)と「이야기하다」(イヤギハダ)
を比較してみます。

まず、辞書を確認してみましょう。

記事の続きを読む ≫

タグ/ 韓国語 話す

「ちりも積もれば山となる」を韓国のことわざで言うと……


 <「ちりも積もれば山となる」の意味>

 

わずかなものでも数多く積み重なれば
高大なものになるという、
という意味ですね。

あえて説明するまでもないですが。w

 

このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


110ちりも積もれば山となる.jpg


 <韓国のことわざの読み方と意味>


ミクラジ  チョンニョネ リョンテンダ
どちょうも 千年で    竜になる

 

ちりが積もって山になるのは
ありえなくもないですが、


いくらなんでも
どじょうが竜にはならないでしょ?
と思うのは、私だけでしょうか。w


韓国のことわざで
同じ意味のものがいくつかあって、


 「蚊も集まると雷の音になる」


とか


 「アリが金塔を建てるよう」


ということわざがあります。

 

いずれも、
どじょうや蚊、アリといった
身近な生き物が出てきますね。

 

日本には


 「砂(いさご)長じて巌(いわお)となる」


ということわざもあります。

 


日本の場合は、
ちりとか砂で、生き物ではないところが
韓国と違うところです。

「たで食う虫もすきずき」を韓国のことわざで言うと……

 

 <「たで食う虫もすきずき」の意味>

 

辛い蓼(たで)を好んで食べる虫がいるように、
人の好みはさまざまで、何が良いかは
いちがいにはいえませんよ、という意味ですね。

 


このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


101たで食う虫もすきずき.jpg


 <韓国のことわざの読み方と意味>


ウェルル コクロ   モゴド    チェ    チェミ
ウリを     さかさに 食べても 自分の 好みだ

 

韓国のことわざの
「チェ  チェミ」をもっと意訳すると


「人の勝手だ」


みたいなかんじになりますね。

 

日本の「たで食う~」は、
どちらかというと、
人の行いを見て言う言葉のようですね。


自分とは好みが違うけど、まあ、人それぞれだから……
みたいなニュアンスです。(個人的な感想ですw)

 

韓国の「ウリをさかさに~」は、
自分のしていることに対して


自分がどうしようと、自分の勝手だ、
みたいなかんじですね。

 

個性といえば、
日本人より韓国人のほうが
圧倒的に個性的です。


というか、
個性を全面に出しますよね。


以前、韓国で道を尋ねたとき、
同じことを聞いたのに、
3人とも別々の話をするので
かえって混乱してしまったことがあります。w

 

でも、
日本人も、もう少し自分に対して
自信をもってもいいかもしれませんね。

「過ぎたるはなお及ばざるが如し」を韓国のことわざで言うと……


 <「過ぎたるはなお及ばざるが如し」の意味>

 

程度を越えたものは足りないことと同じである、
という意味で、『論語』にある言葉です。
孔子が「中庸」の大切さを説いたもので、
何事もほどほどに、ということですね。

 

 

このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


95過ぎたるはなお及ばざるが如し.JPG


 <韓国のことわざの読み方と意味>

 

ポリヌルムカジ  セベハンダ
麦秋になるまで 新年のあいさつをする

 

韓国のことわざに出てくる
「麦秋(ばくしゅう)」というのは、


「麦が実る時期」ということで、
初夏を意味します。


「秋」という漢字が使われていますが、
いわゆる秋の季節のことではないです。


だいたい5月から6月くらいのことですね。

 

それから、
「セベ」というのは、
正月にするあいさつのことです。

 

なので、韓国のことわざは
5月とか6月まで新年のあいさつをしている、
という意味になりますね。

 

韓国のあいさつというのは、
「キョンベ(敬拝)」といって、
日本にはないきちんとした挨拶のやり方があります。


正月には、
家族全員で先祖に敬拝し、
そのあとに子供たちが親に対して敬拝します。


韓国ではとても大切な儀式で、
これをしないと1年が始まりません。


それくらい大切な儀式なのですが


半年もたってまだやっていれば
かえって失礼になる、
というのが韓国のことわざが
言わんとしているところのようです。

 

ちなみに、
韓国の正月は旧暦で祝うので、
今年は2月3日が正月でした。


その日は、
私も韓国の親戚に電話で
新年のあいさつをしました。


なんか
日本人には不思議なかんじですけどね。w

「朱に交われば赤くなる」を韓国のことわざで言うと……


 <「朱に交われば赤くなる」の意味>

 

人というのは
その環境によって善にも悪にもなる
という意味ですね。

 

このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


87朱に交われば赤くなる.JPG


 <韓国のことわざの読み方と意味>

 

 サムパテ スクデ
 麻の畑に よもぎ(が育つ)

 

日本でも


「麻の中の蓬(よもぎ)」


とか


「麻につるるよもぎ」


という言葉があるそうですが、

 

日本と韓国では
微妙にニュアンスが違うようです。

 

どちらも


善いものの中に入ると
悪いものもよくなる、


という意味は同じですが、

 

日本の「麻の中のよもぎ」は、


まっすぐに伸びる麻の中に入ると
よもぎも曲がらずに育つ、


という解釈なのに対して、

 

韓国の「麻の畑によもぎ」は、


雑草のよもぎが、
繊維も取ることができ、
薬にもなる麻の畑で育つと
りっぱなよもぎになる、


という解釈のようです。


日本では見た目や形に注目し、
韓国では役割や価値に注目しているのが
対照的でおもしろいですね。

 


冒頭の「朱に交われば赤くなる」は、
善悪どちらにもなるということなので、


意味としては
「麻の中のよもぎ」のほうが
韓国の「麻の畑によもぎ」に近い
ということになります。

「自業自得」を韓国のことわざで言うと……


 <「自業自得」の意味>

 

自分の行為の結果を自分の身が受けるという意味ですね。
もとは仏教語で、良い行為にも悪い行為にも使う言葉ですが、
一般的には悪い行為に使われます。


同じような意味のことわざに
「身から出たさび」
ということわざもあります。

 

 

このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


83自業自得.JPG


 <韓国のことわざの読み方と意味>

 

ヌウォソ チムペッキ
寝て   つばを吐く

 

寝転んでつばを吐けば、
そのまま自分の顔に落ちてきますよね。


自分の行いは自分に帰ってくることを
韓国のことわざでは「寝てつばを吐く」と
表現しているわけです。


ちなみに「自業自得」という言葉自体は
韓国でも「チャオプチャトゥク」で通じますよ。


表記は以下のとおりです。


自業自得2.JPG


日本でも「天につばを吐く」なんて言いますよね。

 


それと、
一つ発音で注意してほしいなと思うのは
「つば」を意味する「チム」という言葉の発音です。


日本人は「イウンパッチム」と「ミウムパッチム」
の区別が苦手で、


「~ム」と発音するところを
口を開いたまま「~ン」と発音してしまうので
気をつけてくださいね。


ミウムパッチムは
しっかりと口を閉じて「ン」と発音すれば
正しい発音に近くなりますよ。

「犬猿の仲」を韓国のことわざで言うと……


 <「犬猿の仲」の意味>

 

仲が悪いことのたとえですね。
このことわざは多くの方が知っていると思いますが、

語源に関しては、

 

中国の西遊記で、 
孫悟空(猿)が天界で宝をどろぼうしようとしたとき
宝の守り神の犬に噛まれた話がもとになっている

という説もあるようです。

 


このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


68犬猿の仲.JPG


 <韓国のことわざの読み方と意味>

 

 コヤンイワ ケダ
 猫と    犬だ

 

韓国では「猫」と「犬」ですね。
しかも「猫」が先です。


でも、
韓国にはあまり猫って見かけないんですよ。


わたしが韓国に数年間住んでいたときでも、
野良猫なんてほとんど見なかったですね。


ペットにしている人も見たことないですよ。w


その「猫」がことわざに出てきて

「犬」より先にきているのもちょっと不思議です。

 


日本語と韓国語を比較すると
逆に表現する言葉がけっこうありますね。


例えば、


「行ったり来たり」(日)と「来たり行ったり」(韓)
「上がったり下がったり」(日)と「下がったり上がったり」(韓)
「良妻賢母」(日)と「賢母良妻」(韓)


などがありますよ。

ブログを書くならBlogWrite

「くさっても鯛(たい)」を韓国のことわざで言うと……


 <「くさっても鯛(たい)」の意味>

 

優れた価値のあるものは、
いたんでだめになったようでも、
やはりそれだけの価値があるというたとえですね。


これと似たことわざで、
「ちぎれても錦」
というのもあります。

 


このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


64腐っても鯛.JPG


 <韓国のことわざの読み方と意味>

 

ムロド  チュンチ ソゴド  センチ
痛んでも ヒラ   腐っても キジの生もの

 


日本のことわざでは「鯛」ですが、
韓国のことわざでは「ヒラ」なんですね。


「ヒラ」はニシン科の魚で、
韓国の人たちは美味なものとして珍重しているそうです。

 

韓国には、このほかに、
日本の「ちぎれても錦」に似た表現のことわざで、


「つぎはぎだらけでも絹の雑巾」


ということわざがあります。

「牛刀を以って鶏を割く」を韓国のことわざで言うと……

 

<「牛刀を以って鶏を割く」の意味>

 

小さなことを処理するのに
大げさな手段を用いることのたとえですね。

このことわざは、
「論語・陽貨」から来ていることわざです。

 

このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。

 

60

<韓国のことわざの読み方と意味>

 

ホランイ チャブル カルロ
虎 狩りの 刀で

ケル チャムヌン ゴッ カッタ
犬を 狩る こと のようだ

 

日本のことわざは、
論語の「鶏を割くになんぞ牛刀を用いん」
をそのまま使って「牛刀」と「鶏」ですね。

 

韓国のことわざでは、
「牛」と「鶏」が、韓国のことわざによく出てくる
「虎」と「犬」になっているところ韓国らしいです。

 

韓国では牛も鶏もよく食べるので、
実際に牛刀で鶏を割くということもけっこう
あったのではないでしょうか。

 

なので、
「大げさだ」という意味を表現するために
実際にはあまりない「虎狩りの刀で犬を狩る」という
表現になったのではないかと思います。

「木を見て森を見ず」を韓国のことわざで言うと……


 <「木を見て森を見ず」の意味>


細部に気をとられて全体を見ることを忘れてしまう
という意味ですね。


ごろがいいのでよく引用されることわざです。



このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。



現役韓国語翻訳家の  日本韓国ことわざ比較


 <韓国のことわざの読み方と意味>


サラム チュンヌンチュル モルゴ
人の  死するを     見ずに


パッチュク センガンマン ハンダ
あずき粥の 心配ばかりを する



韓国のことわざには
「粥」とか「あずき粥」がよく出てきますよ。


なぜ「あずき粥」なのかというと、


「粥」というのは、体の調子がよくないときに食べるものですよね。


ですから、
韓国語のことわざでは、


死ぬことのほうが大変なことなのに
一時の体調不良のほうばかりを心配している
という意味になります。


日本のことわざとの比較でおもしろいのは
日本のことわざは「空間」の広さ狭さで表現しているのに対して


韓国のことわざは「程度」の重さ軽さで表現している点ですね。

「壁に耳あり、障子に目あり」を韓国のことわざで言うと……

 

 <「壁に耳あり、障子に目あり」の意味>


どこで誰に聞かれているか分からないという意味ですね。
話し始めると、つい余計なことを言ってしまいやすいですが、
それをいましめる意味もあるようです。

 


このことわざに該当する韓国のことわざはこれです。


52-1.JPG


 <韓国のことわざの読み方と意味>


ナンマルン セガ トゥッコ
昼の声は  鳥が 聞き


パムマルン チュイガ トゥンヌンダ
夜の声は  ねずみが 聞く。

 


韓国のことわざには「鳥」と「ねずみ」が出てきますが、


私見としては、
日本のことわざには自然現象や物が多く、
韓国のことわざには動物が多く出てくるようなきがしますね。


韓国のことわざでよく出てくるのが「虎」とか「犬」です。


今回紹介したことわざと似た意味のことわざでこういうのもありますよ。

52-2.JPG

「虎は自分の事を聞けばやってくる、人も自分の事を聞くとやってくる」

★韓国ドラマ

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

韓国語の文法 (22)
韓国語の発音 (10)
韓国語の単語 (27)
韓国語の類語解説 (196)
韓国語学習アプリ (1)
韓国語のことわざ (22)
韓国の昔話 (12)
韓国旅行 (17)
韓国の地名 (16)
ソウルの地下鉄 (17)
韓国関連コラム (6)
韓流ドラマの名言 (4)

ブログランキング


にほんブログ村

ブログランキング



  • SEOブログパーツ